密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

またやってきたww「こんな夢を見た」件


人の見た夢の話を聴くのが好きです。
よく「人の見た夢の話を聴くことくらいつまらないものはない」とか言いますが、私は夢の話を聴くのが大好きです!
不条理であればあるほど面白いし、その人の深層心理のようなものが垣間見えたりして興味深いと思います。
過去ブログにもそういう記事を書きましたが、面白くない人には全く面白くないでしょうね(笑)



まずは昨日見た夢から。


konnayume1




この夢の不思議なところは、現実ならそんな巨大なガラス製のぶどうの飾り物なんて絶対に欲しがらないということ。
なのに夢の中では本当に飾ることを考えていたのですから、趣味や嗜好まで夢では変わってしまうのでしょうかね~

そしてキーフックの苔はなんとなくわかるかも。
最近小川洋子の「原稿零枚日記」という小説を読みまして、その中で主人公が苔料理専門店で食事するというシーンがあるのです。それがひどくインパクトがあったので、今頃になって夢に出てきたのだと思います。
それにしても、本当に世間は苔がブームのようなんですよね。最近2度も苔をテーマにした番組を観ましたよ。アンガールズの田中さんも苔に魅了されている一人のようです。
「植物男子ベランダー」の中の「いとしの草冠」でも苔について松尾スズキ氏が官能的なお声で苔を紹介なさっていましたっけ。





夢にはよく有名人も登場したりします。



benesan

これは2015年のことですが、「シャーロック」で大ブレイクを果たしたベネディクト・カンバーバッチが私の夢に出てきたのです。
セリフの部分は観ていたテレビ番組のナレーションだったのだと思います。
夢だとこんなおかしな場面を普通に納得して見ているのがおもしろい。
実はこの夢を見ている時の私は、胃腸炎で寝込んでいる状況だったんですよね。
また胃腸炎になればベネ様が夢に現れてくれるのでしょうか?






林遣都くんも登場しました。
NHKの「べっぴんさん」という朝ドラを毎日観ていた頃に見た夢です。


kentokunga
こういうわけのわからなさが夢のすばらしい(?)ところ。
主人公の一人娘が惚れてしまう、二郎という役が林遣都なのでした。
林君は私の乗っているバスの運転手で、その時の会話です。
絵にはしてませんが、彼が青い毛糸の靴下でオヤジサンダルを履いていたのを忘れられない・・・。(あくまで夢です)





こんな方もやってきました。

odeansama 

ディーン・フジオカがやたら私にガラケーを勧めてくるという夢・・・
この時私は使用していたandoroid端末に不満を持っていて、それが如実に夢に現れた例と言えるかもしれません。
ちなみに現在はiPhone使用者です。


突然ですが、昨晩はサッカー・ワールドカップで日本が強豪コロンビアを撃破しましたよね。
世界中が驚いた勝利でした。
日本の次の相手はセネガルです。
セネガルと聞いて、2016年のブログに「セネガルの夢を見た」内容を少し書きました。

セネガルで私は列車に乗っている。さながら「世界の車窓から」的な場面だったような気がする。
場面変わり、土埃の何も無い場所で、現地の女性3人にしきりに本屋(bookstore)はどこかと尋ねている私。
女性らは華やかな花柄の民族服で一人は頭に籠を載せている。
女性らは私の言葉がわからないのか首を振るばかり。(発音のせい?)
私はあきらめずに何度も「ブック・ストア」と繰り返している・・・
という夢で・・・。

ま、まさかこれが今大会の対戦相手にセネガルが来るという布石!?
ってわけないだろと。(同グループにセネガルがいるなんて最近知ったことだ)
でもなぜ名前でしか知らなかった「セネガル」が夢に出てきたのかが不可解です。
だから今回の対戦が運命的な何かを・・・!(ってもう無視してください)



そういうわけで、これからも面白い夢を見たらこの場で報告したいと思いますので、生温かい目で見守ってやってください。


スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


先週日記 特に何もなかったので食いネタ

先週は特に何も無く写真もあまり撮らずに過ぎたので、この間の自分の誕生日の時に食事したお店の料理をなどでお茶を真っ黒に濁しまくることにしました。

誕生日はいつものごとく吉祥寺で。
前に母と姉をランチに招待した「プリミ・バチ」で、今回はディナーです。

bday6

アンティパストの前のSstuzzichino「白アスパラのパンナコッタ、キャビア添え」の一皿。
フランス料理でいうところのアミューズです。
和食では「つきだし」といったところか。



bday5

アンティパストは「軽く炙った天使の海老と帆立貝、ウイキョウ、ブラッドオレンジのサラダ」です。
天使のエビとはちょっと気恥ずかしい名前ですが、ニューカレドニア産の養殖エビのブランド名だそうです。
天国に一番近い島で獲れる天使のエビって、あらロマンティック。
とても美味しくいただきました。






bday4

冷たいプリモピアットは「生ウニとソラマメ、フルーツトマトの冷製カッペリーニ」
夏は冷製パスタが食べたくなります。
今年は自分でも作ってみよう。
冷たいパスタは細めがいいのです。





bday3

温かいプリモピアットは「ずわい蟹と渡り蟹のタリオリーニ」です。



bday2

「国産牛サーロインのビステッカ 花ニラとトリュフ風味のソース レジャーノの香りで」
パルミジャーノ・レジャーノチーズがかかっていることはわかりました。
でもお肉がとても美味しかった。





bday1

名前を消させていただきました~
誕生日プレートはリクエストできます。(これは二人前)
今回サプライズでもなんでもありません。
自分でプレート注文しました。






bday7 

テーブルキャンドルのこういうアイデアは真似したい。



今回、ランチの時と同じく、またテラス席にしてしまいました。
でもここはテラス=外ではなく、ガラス張りのサンルームのような場所で、外の景色も楽しめるのです。
今回はライトアップされた竹を眺めながらの食事でした。
とてもステキなレストランなので、またリピートしたいと思っています。
ちなみに「プリミ・バチ」とはイタリア語で「ファースト・キス」の意味らしい。なんだ「蜂」は関係ないのか。








bday8

食後にちょっと井の頭公園を散歩しようと階段を下りてきました。
オレンジ色の2階がそのレストランで、L字のバルコニー部分が食事したテラス席なのです。
実はこの1階にも「金の猿」という和食のお店が入っていて、最初はその店を予約しようとしましたが、気分的に和食より洋食がいいということで、その上のレストランにしたのです。
「金の猿」は宮沢りえ主演のドラマ「グーグーだって猫である」のロケでも使われたお店です。まだ入ったことがありませんが、いずれ食事に行きたいと思ってます。
ちなみに地下1階も和食のお店でして、前に犬連れてテラス席(こちらは外)で親子丼を食べたことがあります。
3店が同じ竹を見ながらの食事になるってことですよね~

余談になりますが、6/17テレビ東京で放送していた番組で吉祥寺が取り上げられていました。
テーマが「町の気になるもの」ということで、吉祥寺でいつもギター演奏しているおじさんは何者?と取材していましたが、実はその方はこの写真のどこかに写っているはずでした。階段を降りてくる途中で私も目撃したので。
この写真ではちょっと隠れてしまっているかな~
で、そのおじさんの正体は自称「吟遊詩人」らしく、番組では家族のことなど話を聞き出していましたが、放送中もあの場所で演奏中だったようです。



スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


世界バレエフェスティバルの年だったか・・・

2018年は、3年ごとに開催される「世界バレエフェスティバル」の年なのでした。
私が最後に観に行ったのは2012年が最後です。
2015年は引越しで毎日が大わらわで、それどころではなかったもので。
しかし今年はどうかというと、昔のようなはやる気持ちとは程遠い状態です。
はぁ~シルヴィ・ギエムも引退しちゃったしな~
まだギエムが現役続けていて、今年のフェスにも出演するのだとしたら、もちろん観に行くでしょう。
このところ、めっきりバレエに対する熱が冷めていることは間違いない。
新国立劇場に足は運べども、バレエ以外のものを鑑賞しに行くばかりです。

今回の第15回のフェスの演目が発表されました。
顔ぶれはさすがに世界のトップダンサーばかりです。知らない人も多いけど。
一度は引退したアレッサンドラ・フェリが出演するそうで驚き。復活していたのか!
常連ジル・ロマンはガラのみの出演です。
ポリーナ・セミオノワはAプロのみの出演。彼女の「ヘルマン・シュメルマン」はちょっと観てみたかった。

それでも11月に新国立劇場での「不思議のアリス」は観に行く予定です。
このバレエは2013年の英国ロイヤルバレエ団が来日したときの演目で、私も観に行きました。
今度は新国立劇場のダンサーで観られるわけです。
とても奇抜でユニークな舞台なので、もう一度観たいと思っていたのです。
つまり私が今後観たいのは、新しく振付けられた全幕もののバレエなんですよね。(自分がまだ観たことのない作品は別として)


それでは2012年のバレエフェスの時のイラストを過去ブログから。

2012fes1

フェスティバルでウラジーミル・マラーホフと、ディアナ・ヴィシニョーワが踊った「ル・パルク」というバレエです。
庭園における貴族たちの恋愛を描いたお話のようです。
マラーホフは庭師の役。
オーレリ・デュポンのドキュメンタリーをTVで観ていて初めて知ったバレエでした(オーレリの時はルグリがパートナーでグルグルしてました)


2012fes2


このフェスではダニール・シムキンが「ドン・キホーテ」を踊りました。
あまりにも軽やかなバジル役で、女性にリフトしてもらえそうに見えたものです。





2012fes3

そんなシムキン君もすでに三十路…
当時は、こんな小学生のようなセリフを言わせてみたかったくらいの童顔青年なのでした(笑)
今回のフェスでは、はなんと「ジゼル」第2幕のパ・ド・ドゥを踊るそうです。これは観てみたい。






スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


先週日記 久しぶりのIKEA

とうとう梅雨入りとなってしまいました。
これから1ヶ月は雨のことばかり考える毎日になるわけですね。そんなことは無いか。

それでは先週の出来事写真です。





harunoyume

買ってしまいました、「ポーの一族」の絵皿です。
ポー初期のデザインもありましたが、こちらは新連載復活した「春の夢」の中のエドガーとアラン。
読者に人気のあったワンシーンだそうで、私もこのシーン大好きです。
エドガーが少々お疲れでバラの中で休息しているところ。真上から見たアングルです。
今月「月刊フラワーズ」で新エピソードの第2話が読めるのでとても楽しみにしています。


mitsuanz

スーパーのお菓子売り場に駄菓子コーナーがありまして、つい子供の頃に好きだった「蜜あんず」を買ってしまいました。
大人になって食べても美味しいです。






mangocakes

駅中のアンテノールで「マンゴーとレアチーズのガトー」というケーキを買いました。
夏らしいケーキですね。




pront

家で朝食を食べ損ねた時、駅中にあるPRONTOの朝食セットに助けを求めてしまいます。
「ビタミンサラダ&チーズオムレツセット」は490円とお手頃価格。







ikeamisato

新三郷のIKEAに行きました。
うちからだと立川のIKEAの方が断然近いのですが、この日は母との待ち合わせだったので新三郷までやってきたのです。



ikeacafe2

まずは2階のカフェレストランで腹ごしらえです。
今はシーフードフェアをやっていて、母はシーフードカレーを注文しました。
私はBBQポークリブを。
そしていつものマリネサーモンと、右側は北欧のシーフードやミートボールをのせた「ミッドサマー・プレート」というもの。ニシンの酢漬けやおなじみのミートボールやサーモンなど、が盛られています。これはワインのツマミだろうと、赤白2本の小瓶ワインもチョイス(フランス製)してしまいました。
見ての通り、ちょっと料理取りすぎてしまい反省・・・
北欧の洋ナシ・レモンの2種あるスパークリングウォーターはほんのり甘みもあって美味しかったな。


ikeacafe1
骨付きですが、肉がホロホロ崩れて食べやすかった。


レストランのフロアは以前よりも変化が見られました。
段差のあるカウンター席や小さな子供を遊ばせられるテーブルなど、土日でも充分に席の確保がしやすくなってる印象。
それに食べ終わった食器はベルトコンベアーに載せて運ばれる方式になったのね。このやり方はトレーを運ぶ人手がいらなくなってグッドアイデアです。




ikea2

レストランを出てからショールームを少し見学。
まあどれもこれもステキです。
こんなキッチンは憧れます。
手前に見える引き出しは6つありますが、開けると中でパッと電気が点く仕組みです。
でもシンクのすぐ横にダイニングテーブルというのは、ちょっと嫌かも。
お酒のオードブルくらいしか作らないお家ならそれでもいいですけどね。
私ならいろんなものがテーブルに飛んでいきそうで(笑)



ikea1


ステンレスの割合が多いと、プロの料理人仕様に見えます。
そういえば、私も今の自分ちのキッチンの高さを決めるのに、ここに来て高さを確認したのでした。
うちのキッチンの高さは90cmです。85cmにするか悩んだのですが、高めにして正解。なによりも洗い物をするのに腰が痛くならない。収納優先にした関係で、初めから食洗器は付けないことにしていたのです。




つらつらと見て回りましたが、結局買ったのがコルク製のコースターだけでした(笑)
でも久しぶりのIKEAはやっぱり楽しかった。

前にTVで「日本では家具が売れなくて厳しい!」と社員が吐露してるのを見ましたが、あれからどうなったのでしょうか。
自分を含めて、日本人は大物よりも小物中心にIKEAに買い物に来るらしいですからね。
IKEAの家具は基本的に自分で組み立てる方式で安く買えるわけですが、そのハードルがけっこう高いのではないかと思われます。説明書を見ながら・・・というのが好きな人はあまり居なさそう。
「家具買った!すぐ使う!ステキ便利!」これが理想なわけですよ。
届いてもすぐに使えないと、なんだかな~って思ってしまう。
週末にならないと組み立ての時間がとれない人も多いに違いない。大物家具ならなおさら時間がかかるだろうし。
しかし組み立てしたくない人向けには、IKEAの組み立てサービスというものがあるらしいです。
これは家に来てもらってIKEAのスタッフが組み立ててくれるサービスで、時間を節約したい、複雑な作業にイライラしたくない、って人には良いサービスでしょう。
しかし問題はそのサービスの費用です。
組み立て工賃5千円と家具の購入価格の20%がかかるらしい。
私もIKEAの家具は買ったことがありませんが、やはりサービスを利用すれば、家具が低価格に思えなくなるだろうし、どうしてもその家具が必要なんだという場合を除けば、初めから似たような完成品を別の店で買ったほうが楽だと思ってしまいます。
家族に組み立てが大好きな人がいれば万々歳なんですがね~

IKEAには、「家具が売れなくて日本から撤退!」なんてことのないように、ぜひとも頑張っていただきたいものです。




スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


村上春樹がDJを始める件

あの村上春樹がTOKYO FMで、8月5日に放送される番組「村上RADIO」で初DJを務めるそうです。
私は5日付け読売新聞の朝刊で知りましたが、おそらく他の新聞各社もそのニュースは扱っていると思います。
ここまで村上春樹の動向がニュースになるというのは、これだけ世界的な日本人作家が、日本国内ではTVはおろかラジオにも出演したことがない事実によるものかもしれませんよね~。


テーマは「RUN&SONGS」で、もちろん村上さんが選曲も行うそうです。特設サイトでは音楽に関する質問も募集していますし、音楽とランニングとの関係性についても語るらしい。
世界中にファンを持つ村上春樹ですし、映像露出がほとんど無いと特異な作家?のような捉え方をされそうな気がしますが、意外にも読者の悩み相談や、近況を交えたエッセー集なども出しているし、世間や読者とのつながりに重点をおいているように思えます。






期間限定サイトで村上さんが読者の悩みに回答したものの中からセレクトして、一冊にまとめた本です。
まだ読んでいませんが、近々購入予定です。







こちらの文庫は読んでましたが、知らないミュージシャンについての評論や曲についていけない部分も多かった~
そうそう、村上さんスガシカオが好きだそうです。



村上春樹ネタは今後も書きまーす。(その前に小説を読めよ!と)





お ま け
harukin


出回ってる写真を見ると、気さくな近所のおじさんオーラを醸し出している気が・・・





スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ