FC2ブログ

密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

「にょにょっ記」でも愛が止まらなくて描きました



前回の「にょっ記」の第2弾「にょにょっ記」です。
イラスト(1コマ漫画)は同じくフジモトマサル。
フジモトマサルは吉田浩美(クラフト・エヴィング商會)「a piece of cake 」に、可愛くてちょっとブラックな漫画を寄せていて、それを読んだのが最初の出会い。
この「にょっ記」シリーズの不思議な生き物はヤブイヌという種類のものらしい(実在します)
悲しいことにフジモト氏は2015年に死去されています。


「にょっ記」もいいけど「にょにょっ記」もとてもとてもイイ。
文庫の帯に「退屈な日常をくしゅっとまるめたいあなたへ」 とあるが、穂村さん目線で日常生活をしてみたら、こういう偽日記的現実日記が書けるかもしれないです。
一昨日15日の読売新聞に「にょっ記」のことが編集後記(?)のような場所に載っていて「おおっ」と思いました。


昔のブログから転載です。

nyonyokki
私も苺大福だぁ~い好き!





日本以外の国でフランスも柔道がとても強いことはご存知ですよね?
「にょにょっ記」の中で、なぜフランスは柔道が強いのかということを穂村さんが鋭く分析しています。
それは「ジュテーム投げ」の存在。 
穂村氏によれば、これはフランス選手が相手と組み合った一瞬、耳元で「ジュテーム」と囁き、相手の耳にねろーんと舌を入れながら投げるおそるべき必殺技で、フランスのコーチがその国民性を最大限に利用して編み出したものだというのです。
信じるも信じないもあなた次第!





nyo1



チンジャオロースーが食べたくなってきた。
どうしよう。





nyonyo2


岩盤浴は一回やったことがあるけど苦手。
サウナもダメ。
たぶん溶岩浴もダメ。
熱いものはすべてダメ。


他に「ぴょこぴょこする!いや!」の小学校の同級生、脈がはかれないユミコちゃんの話も好きだし、古本屋で穂村さんが購入する昔の本の内容(Q&Aもの)も爆笑するくらいスゴイ。


巻末解説の西加奈子さんの「偽ょ偽ょっ記」も面白い。
(本文より)「穂村さんには、ずっと、どきどきしたり、緊張したり、驚いていたりしてほしい」
私もホントそう思う。


homten
いつも可愛らしく日本語を間違えます。 確信犯!? (;゚Д゚)








スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


穂村弘の「にょっ記」が好きすぎて描きました

歌人、穂村弘のエッセイが大好きな私。
短歌の本はほとんど読まず、エッセイばかり収集しています。(短歌も読め!)
今は読売新聞の夕刊で連載されているミニエッセイ「蛸足ノート」を楽しんで読んでいます。
今回は前のブログで書いた記事を引越しさせました。



イタリア料理のニョッキと日記をもじったそうな、穂村氏の虚実入り混じった日記です。
フジモトマサルのシュールなイラストが現実と非現実な日常風景にぴったりだと思います。
「にょっ記」愛がつのって、この本の中から4コマ漫画を描いてみました。
人物は穂村さん本人。
ヒゲ面なのは当時参考にした写真がそうだったからです。

hom1

というような妄想がたくさん出てくる本なのです。愛しい…
穂村さんがジャニーズの一員になる妄想も好き。


(本文途中より)
記者会見のフラッシュを浴びながら入団(?)の挨拶をするところを想像する。
「最年長です」と私は恥ずかしそうに云った。
「アニキ」とキムタクが云った。
「いや、芸能界では君が先輩だから」と私は云った。


思わず遠くをみる。
おもしろい…
妙にリアルな最後のセリフが効いている。


もう一つ「にょっ記」から。
穂村さんがバスの中で聞いたおばさんたちの会話。
hom2




もう一つオマケ。

hom3

「にょっ記」に続き、続編の「にょにょっ記」(文庫)もあるので、それは次回に。


スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


06/10のツイートまとめ

eririkaholic

グレかまにジョジョリオンでゴマ蜜だんご!朝からウケた。再放送。#グレーテルのかまど
06-10 10:31

スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


「作家の口福」 人気作家の好きな食べ物とは?




20人の作家がこだわりの食べ物について綴った美味しいエッセイです。
著者名に「恩田陸ほか」とあったのでつい手に取ってしまった(相変わらず恩田さん好きです)

オープニングを飾るのはやはり恩田陸。
この方はラーメンでもお菓子でもお惣菜でも気に入ったものは何度でも食べ続けるらしい。
取り憑かれたように毎日同じ具材で麻婆春雨を作っていたり、毎日同じメニューを注文するお店では入店すると、注文する前からお店の人が準備を始めるとか、このあたり自分と重なるので笑えました。実は私もいつも利用するコンビニでは同じコーヒーしか注文しない。レジまで来ると、いつもの店員さんがすでにいつものサイズの紙コップを手に取る体勢をとっている。覚えてもらって嬉しいやら恥ずかしいやら~
でもやっぱりちゃんと注文してからおもむろに行動してくれた方が、ありがたかったりします。


山本文緒の「一人の食事 ひそかに楽しむ禁断の味」にはニヤリとしました。
一人で家で仕事をする生活の中で、彼女がひっそりと食べ続けているのは果物。
春には苺、夏には桃と、どちらも日持ちしなくて傷みやすい果物です。
なので毎日買う… 毎日…
スゴイ…。 
文章は最後にこう締めくくられています。
「この散財ぶりを夫にきがつかれてはならない。」





ichigo 




道尾秀介の、「ある音楽を聴くと、あるモノが食べたくなる」というのも興味深い。
食べ物と音楽にまったく関連性が無いほどおもしろいです。
道尾氏は堀内孝雄のバラードを聴くと刺身が、第九を聴くと鶏の唐揚げ、ドラえもんの昔の主題歌を聴くとハンバーグが、「サウンド・オブ・サイレンス」を聴くと白菜が(笑)
この白菜にはちゃんとした理由があるのだけど、それがまたくだらなくて笑えるのです。


人気作家の食べ物エッセイですが、こういうこだわりや嗜好を持って執筆していることを知ると、それぞれの人となりにとても親しみがわいてきますよね。



スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


吉祥寺 ドラマロケのあったレストラン

先日は誕生日でした。
毎年吉祥寺のレストランでお祝いしています。
今年は「グーグーだって猫である2」のドラマロケに登場した和食レストランを選びました。
大島弓子役の宮沢りえが、編集の長塚圭史と会うシーンに使われた場所です。
窓越しに竹林が見えて雰囲気が良いですが、昼の方が窓に映り込みが無くて外が観やすいでしょうね。
と言いつつも、ずーっと来たかったお店だったので、テーブルに案内された時はウキウキでした。
三鷹に越してきて早四年、過去予約をしては直前で都合が悪くなりキャンセルをすること2回。「なんか縁遠い店だ~」と気を揉んでいたところ、三度目の正直でとうとう食事に来ることができた曰くつきのレストランです。

kns-1
お店はビルの1階。
2階はイタリアンレストラン「プリミ・バチ」で、ここは過去2度来店したことがあります。
ブログにも書きました。→「先週日記」



kns-2

「金の猿」という名前が意味ありげで面白い。



kns-3

一応ビルの1階となってますが、井の頭公園へ下る階段の途中からが入り口になっていて、またこの階段を登るから実質2階にあるように感じる。



kns-13

平日の夜の7時前、まだ客は少ない状態でしたが、後からいい感じに増えてきました。


kns-12

「お通し」は何だっけ?すっかり忘れていますが美味しかった。





kns-11

鴨があったら見逃せない!「鴨ロースとほうれん草のサラダ」です。




kns-10

お刺身の盛り合わせ





kns-9


「大山地鶏の塩焼き」です。これがまた美味しかった!
鶏の皮は苦手なんですが、これは大丈夫です。



kns-8

カニとイクラの釜飯です。本物のかまどっぽくてカワイイ!



kns-6

この釜飯とても美味しかった~絶対オススメ!




kns-5

夫がなぜか最後に「蟹クリームコロッケ」を食べたがったがこれも熱々で美味!
よく見ればゴツゴツしたお皿もユニーク。






kns-4


誕生日のデザートです。
キャンドルの長さに苦笑。





いつもはコースにするのですが、今回はアラカルトで注文してみました。そういうのも楽しい。
上の料理以外にも注文した品が数品ありましたが写真を撮り忘れた・・・
大体いつものコース料理二人分の料金でした。
ごちそうさまでした!絶対また来ます!










スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ