FC2ブログ

密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

映画「ゼラチン・シルバー・ラブ」を愛する理由

gelatinlove 


昔のブログでもこの映画について書きましたが、冬になり、また観返していたところです。
録画してまだ観ていない映画が山ほどあるっていうのに、何度も観ている同じ映画をまた再生しています。

ゼラチンシルバーというのは銀塩フィルムを使って撮影し、銀塩印画紙にプリントされた写真のことらしいです。「銀塩写真」という、昔ながらの方式の写真という意味でしょうか。
ちょっと前に恵比寿の写真美術館の企画展でもゼラチンシルバープリントの写真展示を見かけましが、「ゼラチン・シルバー」という言葉を目にしたり聴いたりした時は、必ずこの映画が脳裏を掠めます。
映画では、主人公(永瀬正敏)がその写真専門のカメラマンなわけです。アナログカメラで撮影して自分で焼いてます。

この映画は2009年公開の邦画ですが、キャストがやたらと豪華!なのに評価は散々…
まあこういうミニシアター系は好みが分かれるものですよね。
私はこの映画の乾いた感じ?の寒々しい空気がすごく好きなのです。評価できる完成度よりも、自分好みの世界を醸し出してくれる映画に魅かれます。
なにせ監督したのが第一線で活躍しているカメラマンですもの、写真家目線でアート雑誌かよ!ってくらいにワンカットワンカットが鋭角的なカッコ良さで攻めてくる。永瀬正敏写真集が一冊出来上がりそうなショットがたくさん出てきます。
最初の方なんてセリフが無くて映像オンリー。画面に流れるノイジーなブルースのような音が、主人公のささくれた心情を物語っているかのようです。映画館で観ていたら私は100%寝ていたでしょうね(笑)
といっても肝心の物語自体は複雑ではないので、そのぶん映像の美しさに没頭できるでしょう。

上記イラストに描いたように、宮沢りえが着るモード系の衣裳が全てステキでした!洋服好きはこれだけでも観る価値あり。
普通の殺し屋稼業なら人目を忍ぶ服装のはずですが、彼女は周囲から浮きまくりのスタイルで仕事(殺人)をします。
現在なら防犯カメラですぐに特定されそうですね。

他に女性では主人公の通うバーのママ役の天海祐希はいつも高級そうなチャイナドレスでした。
街中で偶然主人公の永瀬とすれ違うシーンがあるのですが、北極でもオッケー♪のような物凄いボリュームの毛皮のコートを羽織っていましたよ。

ここで林檎ファンとしては一言触れたい、永瀬と一緒に居た女子高生がカラオケで歌ったのは暗示的に椎名林檎の「罪と罰」です。
70年代調のロックバラードがしっくりきてます。


映画の中で宮沢りえがゆで卵を食べるシーンがあるのですが、エロティックな口元をこれでもかと映し出します。
卵を食べるのはおそらく、仕事(殺し)前に生命を喰らう意味付けの儀式だと思います。
ラストシーンの永瀬と、モニターの宮沢が卵を食べる映像がとても残酷なオチになっていてステキ。




tamagon 
前も試みたゆでたまご、今回再び12分30秒茹でてみました。


tamagon2 

映画のような黄身トロリではありません。でもこのくらいの茹で加減のほうが好き~。
それにしてもゆで卵は美味しいです。私は卵の食べ方ではゆで卵が一番好きです。(塩こしょうをかける)




miyazawar2
スーパーの卵売り場で殺し屋を待ち伏せ、危険な賭けに出る主人公







miyazawar













スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


名画で学ぶエトセトラ その5

試着室で悪戦苦闘中カーテン越しに「いかがですか~?」と焦らせるのやめて。

arumei3



ありますよね、こういうの。
「あ~、まだーちょっと、すみません(汗)」
ワンサイズ上を持ってきてもらうか、買うのを見合わせるかの葛藤中。

名画はエレノア・フォーテスク=ブリックデール の「小さな召使い(乙女エレン)」です。
こちらもラファエル前派です。
この絵画は数年前に展覧会で観たことがあります。






スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


名画で学ぶエトセトラ その4

 
急いでる時にかぎってストールがうまくまとまらない法則

arumei6





んで、結局うまくいかなくて放り出して出勤・・・寒い(泣)



名画はラファエル前派のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスです。
この画家は私のお気に入りです。






スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


名画で学ぶエトセトラ その3


左の眉毛書き終わったところで宅配便が来た
arumei10




この時は本当に慌てた。
なんというタイミングの悪さ!



名画はフェルメールの「真珠の首飾りの女」です。






スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


先月日記 美術とライブの長い1日

もう先月のことになりますが、11月25日の日曜の午前中、私は六本木に来ていました。



1125-1 



1125-8
六本木に来る理由はほとんどが国立新美術館の展覧会目当てです。




1125-7

逆円錐型の頂上にはポール・ボキューズのレストランがあります。
昔ここで一度ランチをしたことがありました。




1125-2

現在は「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」が公開中ですが、今回の目的は「日展」です。
実は招待券をいただいてまして、いつ行こうかと考えているうちに最終日になってしまった。


1125-4

今は美術館の中でも作品の写真撮影が許されているんですよね。(全ての作品がOKというわけではない)
この絵は冬景色のような荒涼とした空気に惹かれました。



1125-5
まるで童話の一場面のようですね。冬の町にみられる温かいお店。


1125-6

よく見ると左から鹿が覗いていた!ひっそりとした大木が幻想の生き物に見えてきます。




1125-3

日本画の他に工芸部門もありました。
この工芸品は照明だったらステキ。中で灯りがつけば鳥たちのデザインが浮かび上がる。



日展鑑賞後には地下のミュージアムショップを物色しましたが特に買い物はしませんでした。
カフェは並んでいるので諦めて、地下鉄構内のお店でランチをすることにしました。




そして電車を乗り継いで北与野まで向かいます。
北与野の「Movixさいたま」には、前よく映画を観に来ていたんですよね。
今ではこういうライブにしか来る機会がありません。



そうです、この日は椎名林檎のアリーナライブなのでした。
1125-13

ファンのくせに、またもやこの日が林檎の誕生日であることを忘れていた私です。
そういえば初めて行った林檎のライブの時も偶然誕生日で、当日会場で知ったとかww普通ありえませんよね(笑)
みんな誕生日を狙ってチケット申し込むのかしら?だから25日殺到して良い席が回ってこなかったのかも・・・とあれこれ考えを巡らせています。


1125-14


林檎のライブでは着物の客もけっこう見かけます。
ファングッズでは本物の着物もあるほどですからね~そしてライブでも林檎は着物で歌いますし、今回はサプライズゲストの宮本浩次と「獣ゆく細道」をデュエット。(22日はトータス松本が「目抜き通り」でゲストだったそうな)
林檎&宮本のトークコーナーなんて大いに笑った。
終盤にはレキシも登場したし、なんとも楽しいライブでした。さすがデビュー20周年!
私は今回手旗を買えずじまいで残念だったな~



1125-12
会場を出る人たち。




 
1125-11 

会場付近の広場でクリスマスマーケットが開かれていました。
ドイツが本場だからかアイスバインも出すドイツ料理の屋台もありましたが、どのお店も美味しそう♪
ホットワインくらい飲んでいきたかったけど、時間が無くてまじめに駅に向かう。





1125-10 
浮かび上がる「たまアリ」また会う日まで~



1125-9 
けやき広場ではライブの余韻に浸る人もいたでしょう。




こうして長い1日が終わったのでした。







スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ