FC2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーリンク

10月はハロウィンとブラッドベリ

昨年はこの時期、友達とディズニーランドに行ってました。
今年の10月は旅行だドライブだ、親が泊まりに来るだのなんだので忙しすぎてしまい、いつもはこじんまりとトイレにだけでもとハロウィン飾りをしてましたが、今年は何もしてません。3階からグッズを持ってくるのがもう面倒くさい。
やはり人間、時間や心に余裕が無いと、インテリアの楽しみのようなことも後回しになってしまうのですね。
クリスマスこそはきちんと季節感のある飾り付けをしたいものです。


そういうことで、ブログ内だけでハロウィン気分になってみましょう。(全てTDLのスナップです)




tdlhalloween3 

ウェスタン・ランドの飾りです。



tdlhalloween2

一番好きなアトラクションと言っても過言ではない、「ホーンテッド・マンション」のお庭から。
入場待ちでも楽しめるのは嬉しいです。
ちょっと昔の写真ですが。




tdlhalloween1

夜には火が灯るのかな?


 






tdlhalloween4
こちらは昨年の写真です。



tdlhalloween5




「ホーンテッド・マンション」の墓石の名前は、ユニークな意味を含ませたものばかりなことはご存知でしょうか?
例えば右側のお墓に「deadly nightshade」とあります。
これは猛毒を持つことで知られる「ベラドンナ」の英語名らしい。
中央は「witch hazel」で日本名「アメリカマンサク」という植物。花言葉は「魔力・呪文」でいかにもww
そして左側は「hen bane」で日本名「ヒヨス」という花。これにも毒性があるそうです。
毒植物シリーズできたか!と練られた墓石名に感心しきり。



10月も今日のハロウィンで終わりですが、私の中では10月=ハロウィン=レイ・ブラッドベリというくらいに10月はブラッドベリの月なのです。
例えば上記画像の「deadly nightshade」のnightshadeの部分に反応した私。
ブラッドベリの長編小説「何かが道をやってくる」の主人公の少年が、ジム・ナイトシェイドという名前なのでした。(「ナイトシェイド」はナス科の植物の意味)
ハロウィンの夜に町にやってきた、邪悪なカーニバル団を除き見た二人の少年が遭遇する幻想と怪奇の物語です。
回転木馬で大人が子供になって悪事を働くシーンは、「黒いカーニバル」の中の「黒い観覧車」と共通する部分ですね。
ちなみに「何かが道をやってくる」は昔TVで映画を観たことがありました。録画までしてあったのに、ビデオテープだったのですでに処分してしまった(泣)
そういえば、ブラッドベリが案内役で出演していたTVシリーズをどこかで観られませんかね?昔TVで観ていましたが、その後DVDになった話も聴かないし・・・


ここで紹介する一冊「十月の旅人」の中の一編、「十月のゲーム」もハロウィンを舞台にした物語です。
息子が欲しかった夫が、自分に全く似ていない娘を産んだ妻を憎み続け、ついに妻へ復讐する決心をして、ある恐ろしいゲームを企てます。
これは「おおっ!」と言うくらい残酷なゲームでした。ゲームに参加した子供達は一生のトラウマになることでしょう。
映像化しても面白そう。




もう一つ「10月はたそがれの国」の中にある「集会」という一編もハロウィンが舞台。


こちらは本物の怪物一族がハロウィンの夜に集まる物語ですが、一族でも身体が弱く特別な能力を持たない少年ティモシーの孤独を描いています。
萩尾望都がコミカライズして、それがまた素晴らしい作品になっているのでこちらもお勧めしたいです。




こんなことをつらつら書いていたら、無性にブラッドベリが読みたくなってきてしまった!



最後は「テーブルウェア・フェスティバル」で見かけたハロウィンのテーブルセッティングで締めましょう。






halloweentable1


大人なハロウィンテーブルですね。




スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


Comments 2

えりりか  
Re: ブラッドベリ!

さくら草様


Youtubeで私も検索ray bradburyで検索してみたところ、出てきました!
そうです、昔日本で放送されていたのは、この「The Ray Bradbury Theater 」です。
教えていただき感謝です♪
たくさんの短編が映像化されていたのですね。
日本語版があれば嬉しいのですが、少しずつYoutubeで観てみようと思っています。
私がブラッドベリを知ったきっかけも実は萩尾望都先生のエッセイからなのでした。
その後で漫画化されていたことを知り、夢中で読んだ思い出があります。
本当はもっと萩尾先生のブラッドベリが読めたらな、と願っていたりして・・・


ご訪問、コメントありがとうございましたv-344

2018/11/05 (Mon) 13:30 | EDIT | REPLY |   
さくら草  
ブラッドベリ!

また伺いました。
ブラッドベリ、お好きなんですね。
いつの間にか伺うようになり、それは何か惹かれるものがあるからなんでしょうが、
ブラッドベリも共通点のひとつだったのですね。親近感を覚えます。
高校・大学時代にはまり、しばらくしたらモーさまが漫画化もされたりして、
あの頃はブラッドベリ人気が日本SF界を席巻していたのかもしれませんね。
えりりかさまもお好きなのがうれしくて、書き込みにきてしまいました。

ディズニーランドのこまごましたネタ、私も面白く思っています。
でも、「何かが道をやってくる」の名前のことは、あまりに昔のこととてなにも覚えていませんでした。
この本はペーパーバックでも読んだのに…。


追記。
書き込みに来た理由を書くのを忘れていました。
ゆーちゅーぶでray bradburyで検索かけると、いろいろ出てきます。
どれがえりりかさまのおっしゃるものか、わからないのですが、どれかしら?

2018/11/04 (Sun) 07:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply