FC2ブログ

密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

Category本 1/3

「にょにょっ記」でも愛が止まらなくて描きました

前回の「にょっ記」の第2弾「にょにょっ記」です。 イラスト(1コマ漫画)は同じくフジモトマサル。 フジモトマサルは吉田浩美(クラフト・エヴィング商會)「a piece of cake 」に、可愛くてちょっとブラックな漫画を寄せていて、それを読んだのが最初の出会い。この「にょっ記」シリーズの不思議な生き物はヤブイヌという種類のものらしい(実在します) 悲しいことにフジモト氏は2015年に死去されています。「にょっ記」もい...

  •  0
  •  -

穂村弘の「にょっ記」が好きすぎて描きました

歌人、穂村弘のエッセイが大好きな私。短歌の本はほとんど読まず、エッセイばかり収集しています。(短歌も読め!)今は読売新聞の夕刊で連載されているミニエッセイ「蛸足ノート」を楽しんで読んでいます。今回は前のブログで書いた記事を引越しさせました。</p><p> イタリア料理のニョッキと日記をもじったそうな、穂村氏の虚実入り混じった日記です。フジモトマサルのシュールなイラストが現実と非現実な日常風...

  •  0
  •  -

「作家の口福」 人気作家の好きな食べ物とは?

20人の作家がこだわりの食べ物について綴った美味しいエッセイです。 著者名に「恩田陸ほか」とあったのでつい手に取ってしまった(相変わらず恩田さん好きです) オープニングを飾るのはやはり恩田陸。 この方はラーメンでもお菓子でもお惣菜でも気に入ったものは何度でも食べ続けるらしい。取り憑かれたように毎日同じ具材で麻婆春雨を作っていたり、毎日同じメニューを注文するお店では入店すると、注文する前からお店の人が...

  •  0
  •  -

「あの家に暮らす四人の女」のドラマ化前に、勝手にキャスティングしてみた

現代版「細雪」というか、「細雪」パロディのようなものになっているそうです。私は谷崎潤一郎の「細雪」は読んだことも、映画を観たこともなかったので、解説を読むまで気が付きませんでした。予備知識持たずに、杉並区にある古い洋館に四人の女が楽しく暮らすホームドラマとして読んでいましたが、ちょっとおかしなファンタジー要素もあって、予想外の展開に翻弄されてしまいました。あ、「古い洋館に同居」の設定って、ちょっと...

  •  0
  •  -

本の備忘録 姫野カオルコで二冊いってみる件(妄想イラスト付き)

この表紙を見て、誰が小学生~中学生の恋愛話メインの小説だと思いますか?恋をすれば小学生の女の子でも「女」としての情念を持っていて、それが非常にエネルギッシュでちょっと怖い。自分が小学生の時代も、クラスで恋愛問題がすったもんだあった気がします。恋は落ちるのではなく、墜落。カッコイイですね~でも教師と中学生の間の恋は墜落炎上ものです。大人になっての再会とラストシーンには純愛を感じましたけど。(ちょっと...

  •  0
  •  -