FC2ブログ

密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

ハーバルライフに憧れている件

庭にハーブを植えてはダメにしてきた私ですが、今のところバジルとローズマリーが健在。
春はディルを植えて初めて収穫して料理に使いましたが、とても風味を感じられて美味しかった。
IKEAのレストランに行くと、必ずサーモンを食べるのですが、そのサーモンにいつも乗っている緑の葉がディル。
サーモンにとてもよく使用されています。
あとEテレでやってた「レイチェルのお料理シリーズ」では、いつも花瓶にディルが大量に活けてあり、それを料理しながら使っている様子がステキでした。

ディルを使った料理は写真を撮り忘れてましたが、我が家では主に茹でたジャガイモに合わせてました。
ジャガイモは塩とバターで和え、そこにディルをまぶす。
ディルの爽やかな風味が病みつきになりそうです。
もちろんサーモンのお刺身にもね。



herbs1


左がバジルで右がディルです。
この写真はプランターに植えたばかりの頃(割り箸を支柱にしてある)
この後ディルがどんどん高く育ち、花が咲いてしまったのでした。
ディルは花を咲かせてしまうと株が弱るというのに…
結局2~3度くらい葉を料理に使いました。1年草なので、もう園芸店には売られてません。
大好きになったハーブなのに残念。来年はもっとしっかり世話します。

バジルは今も順調で、これも後から知ったのですが、(初めに調べとけって)収穫は摘心のように上を切るそうなのです。
初心者の気づき…
なので、いつも適当に収穫していたから上にばかりヒョロヒョロと伸びてしまっていた理由が判明。
そして収穫後のバジルの保存方法もクックパッドで見て実行しました。


basil


レンジで簡単に緑のまま乾燥できるこのやり方を発見した人はスゴイ。
クックパッドは本当にありがたやのサイトです。


今月は立て続けに購入した雑誌が二冊。
まずはこちら。



「ELLE gourmet」(エル グルメ)7月号です。
2017年に「エル・ア・ターブル」を改称してリニューアル創刊したそうな。

今回7月号を買ったのは、美容室で読んだ時、作りたいレシピがちらほらあったからです。
帰りに本屋で買って帰りました。
以前も美容室で「エル・ア・ターブル」を読んでから、同じ号を買ったことがありました。(つまり2017年以前のことですね)


そして「天然生活」です。



「天然生活」はテーマによって購入しています。
今回は「シンプルに、家事を見直し」がテーマです。
家事はなるべくシンプルにしたいですね。
望んでもできないのは、自分一人で暮らしているのではないからです…
作家の小川糸さんや「くるみの木」の石村由起子さんなどの日常生活が垣間見えて嬉しい。
吉祥寺にあるおしゃれなパン屋「ダンディゾン」のオーナー様を知ることもできて、実りの多い号なのでした。
と言いつつ、一番はハーブに関するページが多かったのが理由ですかね。
今年こそミントを大量に育てて「自家製モヒート」を作るはずだったのに。
ミントは鉢が小さすぎて育つ前に日差しにやられてしょぼくなってしまった。また植えなおすしかありません。夏はまだまだ続く。
それに、レモンバーベナというハーブが園芸店に置かれていまして、これはハーブティーで飲んでみたい。
昔はハーブティーなんて嫌いだったのに、味覚の好みというものは年と共に変化するものです。
それにしてもレモンバーベナはレモンバームの別名かと思いきや、クマツヅラ科とシソ科という全く異なる品種らしい。


毎号買う雑誌は特にありませんが、やはり雑誌(というにはどれも美しい)はたまに買ってみると、知らない情報が得られて役に立つものです。

どちらもおそらく永久保存するでしょう。




スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


ワクチン接種と東京オリンピック

tokyo2020



先週コロナワクチン(ファイザー)の2回目接種が終わったんですが、2回目は接種後3時間と経たずに左腕に痛みが現れました。
1回目の時は接種して8時間後から違和感が出てきたので、2回目の方が副反応が強いという噂は本当だったんですね。
それにしても、ちょとでも動かすと激痛が襲う2回目の腕の痛みには参りました。
夜には38度近い熱も出ましたが、免疫がついてくれると思いながら乗り切りました。
一晩で熱は下がりましたが、腕の痛みは半分残っていて、日に日に痛みが引いてきた感じです。
5日目にしてやっと完治。
ワクチン接種が完了して気持ち的に楽になりました。やれやれ…


さて、東京オリンピックは予想以上に日本人選手が活躍しています。
五輪反対派の某マスコミTV局は連日「必殺!てのひら返し」を連発しているようです。
確かに始まるまでは感染者の多さや医療の逼迫など懸念材料が山ほどあったわけですけど、実際始まってみたら、やはり選手を応援したくなるし、それぞれの競技をTVで楽しんでしまうものです。
救いは高齢者のワクチン接種が進んだことで、死者数が劇的に減ったことかな。

23日の開会式を始めから終わりまで全て観た私ですが、みなさんいかがでしたかね?
一番感激したのはドローンによる3Dの地球でした。生で観たら感動していただろうなぁ。
ゲーム音楽が入場行進というのも斬新で良かったと思います。私はドラクエしかわからなかったけど。
でもやっぱりコロナ禍の復興五輪というテーマがあったからか、演出に派手さはありませんでした。
タップダンスというのも「なぜ?」と思いました。映画の「座頭市」で観たことのある、靴が下駄だったらまだ納得できますが、普通のタップシューズでしょ?
世界に誇れるコンテンツが山ほどある日本なのに、それを最小限度に抑えて見せた感がぬぐえませんでした。
「安倍マリオ」が登場した、リオ五輪の引継ぎ式の方が何倍も興奮したものです。
まあ今回は直前まで辞任だの解任だのめちゃくちゃだったから仕方ありませんけどね。



そうそう、東京オリンピックに向けて、実はこんなステキなプロジェクトがあったようです。





制作した方々に報いるためにも、閉会式に観られないものでしょうか…





スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


07/23のツイートまとめ

eririkaholic

東京リボーン観てる。日本の建設会社のプライドを感じる凄い競技場。頼もしい。#東京リボーン
07-23 08:37

スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


プラムジャムを作って、あの映画を思い出す

知り合いから庭でとれた小さなプラムをたくさんいただいたので、ジャムにすることにしました。
初めは生で食べていましたが、量が多くてなかなか減らない。
なので、ジャムにすることにしたのです。


plum4

品種まではわかりませんが、生は甘酸っぱくて美味しいです。
これはジャムを作った後の残りのプラムです。


plum2


種を取って細かく刻んで、鍋で砂糖とレモン汁とリキュールを少々入れただけ。
煮沸消毒した「SAWAYA」の空ビンに入れました。
出来上がりは思ったよりも少ない量でしたね…


plum3


plum1


なかなか美味しくできたようです。


手作りのジャムというと思い出すのは「リトル・フォレスト」です。特に映画の方。
主人公(橋本愛)が家の脇にあるグミの木の実を取り、それを自身の苦い思い出とともにジャムを煮るシーンです。
gumijam

私もプラムを煮ながら、もっと砂糖を入れるべきか悩んだので。
結局「いち子」と同じく砂糖は足しませんでした。(でもアクは取った)
それほどすっぱくない上出来のプラムジャムでした。




スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


ファンクラブ10年更新特典が豪華だった件

椎名林檎ファンクラブ、通称「林檎班」に入会していつの間にか10年経っていたのでした。
毎年4月になると更新のお知らせがメールで届き、その都度更新操作をしてきたわけです。


koshinhako





更新特典については「けっこうピンバッヂが多いんだな」と思ったりしていましたが、改めて見るとリンゴの寄木細工があったり、メダルがあったり、複数の金属製チャームがあったりとバラエティに富んでいますね。


koushinbako



koushin500



10年目に届いたのはアイテム保存用の白い箱と、すでに中に座していた右端の真っ赤なピンバッヂ。
全て箱に収めてみると、なかなか壮観です。
来年は11年目で何がくるのかな~と楽しみにしていますが、好奇心がムクムクと沸き上がり、ついネットで検索してしまいました。
そうしたら…
シャレがきいてて楽しくてカワイイものがいただけるようなのでした。



気が付けば今日は七夕ではありませんか。
特に何もしない我が家ですが、頂き物の牛肉があるということで、今夜はすき焼きにいたします。
全く七夕とは関係ありませんね。
スーパーには春菊が売っていなかったので、チンゲン菜を代用に。
春菊は一年中あるものだと思ってましたが、季節もの野菜?
白菜は入れません。(どうせ余る)
簡単すき焼きです。




スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ