fc2ブログ

密やかなエトセトラ

Welcome to my blog

スポンサーリンク

Category本 1/7

本の備忘録 千早茜の4冊

今回は千早茜の本を4冊。全七話からなる連作短編集。ミステリーではなく群像劇。連作は各話での脇役が次の話では主役になっていたりして、その人のバックグラウンドが明らかになる点がおもしろくて好き。誰と誰が繋がっていたのかなど、世間は狭いなぁと思いつつ楽しんだ。個人的には一話目の「まいまい」の終わり方が、鬱々した中身を振り払う明るさで好き。自分の読書傾向として、こういうシリアスな群像劇の小説は手に取らない...

  •  0
  •  -

本の備忘録 「本の読み方」

久しぶりの本ブログです。平野啓一郎著「本の読み方」というスロー・リーディングの実践について書かれた本を読みました。ずいぶん前に読んだ本なのですが、読書Loverには為になることがたくさん書いてある有益な本です。平野氏はここで、教養と人生を豊かにする「量より質」の読書術の提案をしてくれているのです。本書の中で、ちょっと自分にも思い当たるような記述があったので紹介。平野氏は14歳の頃、三島由紀夫の「金閣寺」...

  •  0
  •  -

道尾秀介本を三冊

松の内も終わり、日常が戻ってきました。今年は七草セットをスーパーで買うタイミングを逃したため、前日の夜に作った中華風スープにご飯を入れて雑炊にし、それを七草がゆの代わりにしました。(何の意味が…)それにしても部屋に整理していない本や漫画があちらこちらに積んであって、そろそろウンザリ。読んだ本は速やかに片さないと増殖する一方です。読んだ本の紹介を兼ねた備忘録を少しずつ付けていきます。昨年は久しぶりに...

  •  0
  •  -

初めて買った詩集「ひらがなの朝」

本はよく買う方ですが、自分で詩集というジャンルのものを買ったのは初めてでしょうか。そのきっかけは、今年の5月29日の読売新聞の夕刊に載っていた一編の詩でした。引用としてここにご紹介します。ひらがなの朝時間を言えばいつも時間通りに起こしにきてくれる顔をぺろっとなめて起きる時間ですよーって初夏の朝カーテンのすきまから明るい陽がさしこんでまだ寝ぼけ眼のぼくに君はしっぽをふって満面の笑みで おはよーと言うお...

  •  0
  •  -

ハーバルライフに憧れている件

庭にハーブを植えてはダメにしてきた私ですが、今のところバジルとローズマリーが健在。春はディルを植えて初めて収穫して料理に使いましたが、とても風味を感じられて美味しかった。IKEAのレストランに行くと、必ずサーモンを食べるのですが、そのサーモンにいつも乗っている緑の葉がディル。サーモンにとてもよく使用されています。あとEテレでやってた「レイチェルのお料理シリーズ」では、いつも花瓶にディルが大量に活けてあ...

  •  0
  •  -