FC2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーリンク

「半沢直樹」の原作タイトルがボディブローのように効いてくる件

どうも「半沢直樹」シリーズの、原作小説のタイトルがビミョーです。
シーズン1の原作「オレたちバブル入行組」を知った時は「?」と共に片頬がヒクついたものです。
シーズン2の原作タイトル「ロスジェネの逆襲」も凄まじい。SW「帝国の逆襲」以来のインパクトです。
なんとなく1も2もライトノベル的な軽さを感じてしまいます。私だけでしょうか。(だいたひかるはどうしているのか)
ドラマのシーズン2はまだ続いていて現在「銀翼のイカロス」に突入したところ。このタイトルは少々、中二病的な力が働いた印象です。
それでもドラマは視聴率もドンドン上がって、面白さは期待を裏切りません。
毎週半沢直樹が悪人を成敗してくれるのが爽快で、巷では現代版時代劇とか言われているようです。
前半の親会社との闘いには力が入りました。
出演者のコテコテ演技と顔芸に抱腹絶倒ものでした。
それに、銀行内部って本当にあんな派閥や策略が存在する感じなの?とか本当に部下を人前で平気で怒鳴ったりしているの?とか頭取をはじめ、重役の部屋は本当にあんなに豪華なの?とか気になることがたくさん出てきて興味が尽きません。
さて、今度のシーズンでは1話目から現在まで、主要キャラのほとんどが怒号につぐ怒号で盛り上がっています。
ふだん穏やかな半沢次長も、倍返しならぬ吠え返しに徹しているのが印象的です。
飛沫には十分に気を付けてもらいたいものです。
hanzawachan450

スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


Comments 0

Leave a reply