fc2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーリンク

このブログには広告が含まれています。

2024年の冬ドラマはこれを観てる

2024tvdorama2


前回秋ドラマの感想を書き終えて、やっと2024年の冬ドラマです。


冬ドラマは絞ります。
なんといっても「光る君へ」を1年通して観るからです。
私には久しぶりの大河ドラマ。
最後に観たのが何年前になるのか、福山雅治の「龍馬伝」ですから。
子役だった濱田龍臣君が現在23歳ですって?(「らんまん」で妻帯者に)
「光る君へ」は5話まで観ましたが、次回が楽しみでならないドラマです。
大好きな漫画「あさきゆめみし」の平安時代ですし、吉高由里子が主演ですし、藤原だらけでわけがわかりませんが、あの時代を知るにはとても勉強になりそうではありませんか。
主人公紫式部の名前が「まひろ」というのは制作人が名づけたそうです。そもそも本名が明らかではないようなので。
弟役が高杉真宙(まひろ)というのも確信犯的ですよね。
紫式部のユニークなエピソードなども交えながら1年愉しみたいと思っています。
それと、「枕草子」もドラマ化したらおもしろいと思いませんか?
「枕草子」は清少納言のエッセイなので、夜ドラ枠で続けたら良さそう。私なら絶対録画保存します。
私は酒井順子の「枕草子リミックス」を読んだことで「枕草子」に親しみが持てましたし、当時の平安貴族の生活をとても興味深く知ることができました。酒井順子には平安時代考察本が他にもいろいろとあります(紫式部本も読みました)
遠い昔、氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」も愛読していたし、なんだかんだ華やかな感じのする平安時代には憧れてしまいます。
清少納言と紫式部は宮仕えの時期が違うことで、実際は対面したことがないそうですが、紫式部が「枕草子」についてディスったとか、そういうシーンは絶対に入るだろうし、今から楽しみです。
と言いますか、「光る君へ」の清少納言役がファーストサマーウイカなので、史実を曲げてでも二人を会わせるようですNHK。






阿部サダヲの「不適切にもほどがある」も観てます。
あの時代を知る者としては見逃せませんね(ここにも吉田羊が…!)
それにしても、このところタイムリープものが多い。
先日、録画してあった映画の「東京リベンジャーズ」を観ましたが、この作品もタイムリープものです。
主人公がタイムリープするのは知ってましたが、あんなに行ったり来たりするお話だとは思っていませんでした。
不良映画?ヤンキー映画?は自分には「クローズゼロ」以来ですが、どちらも出演俳優の方々がカッコ良すぎて見惚れてしまう。その時代の旬の若手を起用する感じですかね。
続編の前編の放送が今月(WOWOW)にあるので楽しみにしている状態の私です。続編の後編が夏に公開でしたかね?

Amazonプライムビデオで、最近は「僕の姉ちゃん」を観ました(30分ドラマって好き)
黒木華と杉野遥亮主演のドラマですが、益田ミリの原作漫画とは知りませんでしたが、ハマりますね。あの雰囲気。
姉と弟それぞれの仕事と日常生活の様子が、の~んびりと、しみじみと描かれています。
恋愛や仕事の悩みを、弟が姉に話すなんて羨ましい関係性。それに対し「弟よ…」と、姉が弟に人生の理を説くかのようなセリフが好きです。なんだかんだ仲良し姉弟。
全編通して全然シャキッとできない杉野遥亮がめちゃくちゃ可愛いです。
Season2があればいいのにね。

ちなみに私は観なくて後悔しているドラマに「義母と娘のブルース」と「重版出来!」と「ブラッシュアップライフ」があります。Amazonプライムビデオでやらないかな~と日々願っているのでお願いします。


さて、朝ドラ「ブギウギ」はいよいよスズ子の代表曲となる「東京ブギウギ」が生まれますね。
この歌だけは、懐メロ番組でもよく流れていて、私も子供の頃から知ってました。
再起するスズ子のステージが今からとても楽しみです。



スポンサーリンク

★更新の励みにポチっとお願いします★
にほんブログ村 イラストブログへ


Comments 0

Leave a reply